%e4%b9%85%e4%bf%9d%e7%94%b0%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc-kbm

KBM家づくりCONCEPT

できるかぎり安全な素材を使い
長寿命かつ経年変化を楽しみ、
次の世代や環境に負荷をかけない
人と環境にやさしい家造りを目指します。

多くの時間をかけて建てる家は、そこから更に長い年月
家族の成長や人生を見守る場となります。
その家をより快適で、できるかぎり細部まで安全に
こだわった素材でお造りしたいという思いから、
ドイツ製の断熱材や外壁透湿モルタルシステム、
木質窓等を採用した家造りをするに至りました。
石油製品やガラスウールの断熱材は自然に還ることはなく、
解した時には大量のゴミとなってしまいます。
更にビニールクロス等は、火災が発生した際には有毒ガスを
発生するという問題があります。
『知りながら害をなすな』
それらの合成建材を使用せず、将来その役目を終えた時には、
土に還ることができる家造りを
私たちはこれからも追求してまいります。

久保田建設HP.安全コンセフ-トol_07

家、人、地球を守る久保田建設の3つの安全

久保田建設HP.安全コンセフ-トol_11

家の安全

KBMがご提案するエコハウスとは「家を長持ちさせること」。
そのためには、まず丈夫な構造躯体をご提案することから始まります。
土台は桧材を使用柱や梁などは、県産材を多く使用し、集成材は使用しない無垢(ムク)材を
極力使用しております。また熟練された大工が責任を持ってひとつひとつ加工していきます。
建物の基本とも言える構造躯体はお住まいを長持ちさせる上でまず重要となります。

詳細はこちらから>>

久保田建設HP.安全コンセフ-トol_15

地球の安全

どんな家づくりを行うにしても環境への配慮は忘れてはいけないと思います。
将来安全に処分することの出来ない建材や商品で家づくりを行ってしまうと、大気を
汚染し、作物や生物にも大きな影響を受ける事となり、後世に生きる子供たちにも
大変な負担をかける事になります。
KBMでは出来る限り、自然に戻せる家づくりを目指します。

詳細はこちらから>>

久保田建設HP.安全コンセフ-トol_19

人の安全

私たちは1日の約8割(19時間)という時間を建物内で過ごすと言われております。
また、その建物の火災で年間6万人以上が亡くなっています。
この火災から住まう人を守るためには、安全に避難が出来るよう、火に強く、
且つ有毒ガスを出さない断熱材や内装材を標準採用しなければいけません。
だからこそ、使用禁止部材を明確にし、癒しと安らぎの空間をご提案します。

詳細はこちらから>>